2010年01月06日

今年もどうぞヨロシクです。

こんにちはわーい(嬉しい顔)まみよでするんるん

年末年始はいかがお過ごしでしたかぁ?

私は、なかなかハードなスケジュールでしたグッド(上向き矢印)

茨城から大阪、熊本、そして富山へダッシュ(走り出すさま)

普段会えない親戚や友人にも会えたので

嬉しかったなるんるん

九州は暖かいと思いきや、雪がちらついていましたあせあせ(飛び散る汗)

富山は雪がかなり積もっていましたぞ雪

茨城は晴れ晴れ晴れしていたとかどんっ(衝撃)

寒いのが苦手な私。

ちょっと厳しかったけれど・・・

心はハッピー黒ハート温かくスタートを切りましたわーい(嬉しい顔)


今年の目標、未だに思案中。

大まかにはあるのだけれど、あれこれ考えると

もっと、もっとグッド(上向き矢印)と思ってしまう、欲張りな私。

年間通して貫きたい大きな目標と、

途中で微調整しながらより良いものにした方がよい目標とがある。

今度、仲間内で目標を発表し合う機会があるのでドキドキ揺れるハート


昨年は達成できた目標もあり、ダメだった目標もあり。

新たなことに挑戦もできたことは良かったな。

今年も新たなことにチャレンジする予定パンチ

昨年以上に頑張る年にしたいですexclamation×2

どうぞヨロシクお願いしますわーい(嬉しい顔)


posted by まみよ at 15:28| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

親鸞学徒のつどい

こんにちは晴れまみよでするんるん

随分ご無沙汰してしまいましたふらふら

あっと言う間に今年も残すところわずかがく〜(落胆した顔)

うぅ・・・ご無沙汰しているうちに色々なことが
ありました。

来年はもう少しコンスタントに更新できるように
しますっグッド(上向き矢印)


昨日は、我が家家にて
今年最後の親鸞学徒のつどいぴかぴか(新しい)がありました。

親鸞学徒の皆さんが集まって、
今年一年間教えて頂いたことを振り返るご縁。

あぁ〜あんなことも教えて頂きました。

こんなご教導もあったよね。

教えて頂いたことを自分のことと受け止めて
どれだけ教えに忠実に実行してきたのかな。

振り返ると反省ばかりの私。

来年は気持ち新たに自分を変える年としたい。

今年は一つの夢を果たすことができた年。

これは私にとっては凄く嬉しいことでした。

それをステップとして来年はもっとがんばろ〜


夜は近くの中華料理のお店で毎年恒例の望年会ビール

世代を超えて楽しめる親鸞学徒の仲間はやっぱり素敵。

これも同じ人生の目的に向かって進ませて頂いている同士だから。

この中に入れさせて頂いていること、本当に不思議で感謝の一言。

大切にしたい仲間たち。

来年も宜しくお願い致しまするんるん









posted by まみよ at 16:23| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

文明の利器

こんにちはるんるんまみよですわーい(嬉しい顔)

めっきり寒くなりましたねぇ〜あせあせ(飛び散る汗)
あぁ〜でもこれくらいの寒さでバッド(下向き矢印)でいたら
冬は乗り切れませんよね。

こんな日は温かいお風呂に入って、
体の芯から温めるのが良いですねー(長音記号2)

お風呂大好きな私黒ハート長風呂になるシーズン到来です(笑)


さてさて

昨日は、高森先生が座談会を設けて下されました。

仏教の質問に答えて下される貴重なご縁。

以前はよく設けて下されていたけれど、久しくご縁が無かったの。

でもでも

最新システム導入によって

地元に居ながらもリアルタイムで聞かせて頂くことが
できるようになったので

座談会のご縁を頂けるようになったの〜わーい(嬉しい顔)


もともとはインフルエンザ対策パンチ

富山で直接お顔を拝見して聞かせて頂けないのは残念バッド(下向き矢印)
だけれど

映像も音声もかなりクリアに届くので

高森先生がお近くにいらっしゃるような臨場感があるひらめき

これは凄い目

文明の利器ですねぴかぴか(新しい)

だから結果的に、高森先生とのご縁が増えた感じなのですよグッド(上向き矢印)

とっても嬉しいハートたち(複数ハート)


昨日は、

人生の目的を達成するにはどうしたら良いか

仏法は聴聞に極まる

と教えて頂くけれど、聞法の心構えについて教えて頂きたい

という質問。

お釈迦様、親鸞聖人、蓮如上人のお言葉を明示して

丁寧に分かりやすく、そして厳しく教えて頂きましたパンチ

仏教には大事なことが教えられているexclamation×2

何をするために生まれてきたのか。

仕事するため?

食べるため?

素敵な家に住むため?

違うよね。

私達の人生はシャボン玉のような儚いもの。

一瞬で破裂して壊れちゃう。

そんなシャボン玉を大きくふくらますことに一生懸命。

それで良いのか。

何のために生きているの?

必ず死ぬのになぜ生きる。

その答えが仏教の中にあります。

聞かせて頂きましょう。

必ずハッキリしますひらめき




posted by まみよ at 11:38| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

素敵なお言葉

こんにちはるんるんまみよですー(長音記号2)

今日は寒いぃ〜ふらふら

だんだんと冬が近づいてくるぅ〜

私の手手(パー)は、早くも霜焼けに襲われておりますもうやだ〜(悲しい顔)

毎年早いのよ。。。私の手の霜焼け。

でも寒さ本番の頃には、すっかり治っていたりするの。

変ですね(苦笑)


さてさて、昨日は我が家家で仏教の勉強会本

井手敏郎先生が来て下されたダッシュ(走り出すさま)

先日の報恩講のお話を振り返るご縁でした。


報恩講では

『歎異抄第七章』

「念仏者は無碍の一道なり」

で始まる有名なお言葉について聞かせて頂いたの。

無碍の一道って何exclamation&question

碍とは、さわり。

一道とは、たった一つの世界。

無碍の一道とは、さわりの無くなった、たった一つの世界のこと。



私達は、朝から晩まで、如何に障りを無くすか、減らせるかに
一生懸命グッド(上向き矢印)

その為に、科学も医学も政治も経済も教育もある。

あれこれ手を尽くしているけれど、障りは無くなったかな。

ぜんぜん・・・バッド(下向き矢印)

減りもしませんね。

あらら。。。

どうしたら良いのかな。

どうしたら障りの無い、幸せになれるのかな。

みんな分からず、悩んでいる。


そんな中「無碍の一道がある」とハッキリと断言された

親鸞聖人ぴかぴか(新しい)

えぇ〜目そんな世界があるのexclamation&question

驚きです。

人生の目的は無碍の一道に出ること

親鸞聖人のお言葉には微塵の揺るぎもありません。

「無碍の一道」

なんて素敵なお言葉なのでしょう。

この魅力に引きつけられ、

多くの人が『歎異抄』を手に取るのですねひらめき


改めて親鸞聖人のお言葉に魅了ぴかぴか(新しい)されました。

もっとよく学び、よく聞かせて頂き、
早く親鸞聖人のお言葉通りの身にならせて頂きたいダッシュ(走り出すさま)


posted by まみよ at 11:34| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

親鸞聖人報恩講

こんにちは晴れまみよですー(長音記号2)

最近、ちょっとサボり気味たらーっ(汗)すみません・・・

すっかり季節は巡り、木々の葉も色づく頃となりましたるんるん

秋。 そう、秋と言えば、報恩講ぴかぴか(新しい)

11月28日は親鸞聖人のご命日。

もし親鸞聖人が明らかにして下されなければ
私達は大切なことを知ることができませんでした。

人は何のために生きるのか。。。

どんなに苦しくても自殺をしてはならないのはなぜか。。。

生きる目的は何か。。。

誰もが知りたいこと。

知らねばならぬこと。

これ一つ、明らかにして下された親鸞聖人。

その親鸞聖人のご恩に報いる集まり。それが報恩講。

どうしたら聖人のご恩に報いることができるのか。

聖人の喜ばれること、望まれていることを知らなければならない。

その答えは、親鸞聖人90年間の御教えの中にある。

教えを聞かせて頂き、その通りの身になることが一番の報恩となる。

だから一人でも多くの人と聞かせて頂きたい。

先日の7,8日に報恩講が勤められました。

懐かしい人達と一緒に聞かせて頂けて嬉しかったな。

新しい仲間も増えたの。

とっても仏縁深いMさん。

これからも仲良く一緒に聞かせて頂きましょうねるんるん

報恩講で聞かせて頂いたこと、知らされたこと。

沢山ありすぎて、なかなか文章では伝えきれないのが残念ふらふら

少しずつでも綴って行けたらと思いますー(長音記号2)

posted by まみよ at 09:37| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歎異抄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

おじさまとの語らい

こんにちはるんるんまみよですかわいい

さわやかな秋空が心地よい今日この頃わーい(嬉しい顔)

10月もあっと言う間に後半に突入ダッシュ(走り出すさま)

年賀状の受付も始まっていますし・・・

もうすぐ年末exclamation&questionって思うと
ホントに早いなぁー(長音記号2)とつくづく感じる。。。


昨日は、我が家家に来客がありました。

父が仕事で親しくしている二人のおじさま、TさんとMさん。

特にTさんは、弟の就職の世話をして下さったこともあって
私の好物のウナギをいつも送って下さったりと、色々と心を
かけて頂いている素敵なおじさま。

少し前に父がTさんに是非仏法を伝えたいexclamation×2


『なぜ生きる』本を送ったの。


「お前からもTさんに仏法の話をしてほしい」
と父の希望もあって、昨日はTさんをご招待したのです。


『なぜ生きる』という本のタイトルに度肝を抜かれましたexclamation
と言われるTさん。

やっぱり衝撃的なタイトルですよね。

仏縁ある人には、なお感じるのかな、と思います。

人は何のために生まれ

何のために生きているのか。

どんなに苦しくても自殺してはならないのなぜか。

だれもが知りたいこと。

その答えが仏教の中にある。



昨日はそんなに深い話はできなかったのだけれど・・・
Tさんからも「ぜひまたお話を聞かせてね」とお言葉を頂いた。

ぜひお伝えしたい。


父の「伝えたい」という気持ちにも感動もうやだ〜(悲しい顔)

Tさんの仏縁を心より念じて、昨日は幸せな時間を過ごしましたるんるん





posted by まみよ at 09:40| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

日々是好日

こんにちは晴れまみよでするんるん

秋晴れの気持ち良い日が続いていますねわーい(嬉しい顔)
朝のウォーキングも気持ちが良いですグッド(上向き矢印)

昨日は牛久での仏教講座に参加してきましたダッシュ(走り出すさま)

親鸞聖人のアニメーション「完結編」のある場面を
通してのお話ひらめき

今回は、葬式の意義について教えられている場面を
見せて頂いた目

葬式を出すときに、まず考えるのが日の善悪では
ないでしょうか。

日の善悪って本当にあるのかな。

一般的には六曜と言われるのもの。

大安とか仏滅とか友引とか。。。。

カレンダーには必ずと言っていいほど書かれていますね。

結婚式は大安に。

友引に葬式なんてとんでもない。

何か新しいことを始める時にはやっぱり大安に。


など。

でもでも

善い日とか悪い日ってはじめから決まっているものなのかしらあせあせ(飛び散る汗)

例えば、

ぼんやり歩いていて財布を落とした人は・・・

「今日は悪い日」って思うでしょう。

でも、その財布を拾った人は?

「今日は善い日」って思うのでは。

では、その日は善い日か、悪い日か。


結婚式は大安に挙げる人が多い。

日本では約7割の人は大安にしているらしい。

でも・・・今、日本の離婚率は3割くらい。

つまり3組に1組は離婚しているという統計。

20代にいたっては、2組に1組が離婚しているらしいがく〜(落胆した顔)

これはどういうこと?


いくら大安だからって

物を盗めば捕まるし、

不摂生をすれば体調を崩すし、

不注意で事故を起こすこともある。

当たり前のこと。


だから

日の善悪ははじめから決まっているものではないのですよ

と仏教では教えられているのです。

その日が善い日になるか、悪い日になるか、
それはその人の心がけによって決まるのです。



日々是好日

ということです。

心がけ次第で、毎日は善い日になるのですね。

善い種まきをすれば、

善因善果 自因自果

因果の道理で必ず善い結果がかえってくる。

仏教の根幹。


なんて素晴らしい教えなのでしょう。


日に善悪があるなんていうのは迷信。

そんな迷信に振り回されて迷惑している人ばかりもうやだ〜(悲しい顔)

早く気づいてほしいな。

そうすれば、揺るぎない幸せへの道が開けますひらめき





posted by まみよ at 10:21| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

『歎異抄』の魅力

こんにちはかわいいまみよですわーい(嬉しい顔)

台風台風ですねあせあせ(飛び散る汗)
茨城も今朝は風が強いですふらふら
近所では救急車のサイレンも聞こえて耳心配・・・
皆さまもどうぞお気をつけてー(長音記号2)

昨日は、牛久の仏教講座に参加しましたダッシュ(走り出すさま)
今回は母と一緒に黒ハート

井手敏郎講師から『歎異抄』について聞かせて頂いたの。

091008_0920~01とどろき10月『歎異抄』.jpg

日本の三大古文といえば

『徒然草』『方丈記』『歎異抄』

いずれも美文、名文ですが、中でも多くの人に読まれ
解説書などが沢山出されているのは『歎異抄』ぴかぴか(新しい)

その数の多さは三つの中で、だんとつでトップグッド(上向き矢印)

しかも、多くの知識人が『歎異抄』を支持し、称賛している。

日本を代表する哲学者、西田幾多郎は

「いっさいの書物を焼失しても
 
 『歎異抄』が残れば我慢できる」


と言っている。

その西田哲学の流れをくむ京都学派の代表的な哲学者、
ドイツに留学し、あのハイデガーにも師事した三木清は

「万巻の書の中から、たった一冊を選ぶとしたら
 
 『歎異抄』をとる」


と。

大ベストセラー作家の倉田百三にいたっては

「歎異抄よりも求心的な書物は恐らく世界にあるまい。

 文章も日本文としては実に名文だ。

 国宝と云っていい」


とまで言っている。


国宝級の書だとexclamation×2

凄い言葉で誉めていますね。

こんな本本ってなかなか無いのでは目

では、その『歎異抄』にはいったい何が書かれているの?

気になりますね。

『歎異抄』には親鸞聖人のお言葉が書かれています。

でもでも、親鸞聖人が直接筆を執られて書かれたものでは
ないのですよ。

作者不明なのですが、一説によるとお弟子の唯円が書いた
のではとも言われている。

親鸞聖人から聞かせて頂いたことを書き残されていると
いうことですね。

だから聞き誤りや聞き漏らしなどもあったりして、
かなり難解なところも多く、
親鸞聖人の主著である『教行信証』を物差しにして
解釈をしないと、とんでもない誤解をしてしまうことも。。。


だけれども、正確な意味が分からなくても
どこか深い、心に響く魅力を感じる『歎異抄』

そこには普遍的な真理、他力信心の世界が教えられているから
敏感な人は何かを感じ取って魅了されるのだろう。


そんな『歎異抄』の詳しい解説が知りたいっていう人
多く溢れている昨今。

高森顕徹先生が『教行信証』を通して、詳しく正確にお説き
下さっています。

来る11月の報恩講


親鸞会館にて『歎異抄第七章』を演題に勤められる予定です。

多くの方と参詣させて頂きたいなるんるん



posted by まみよ at 10:24| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

実りの秋に『歎異抄』

どうもるんるんまみよですぴかぴか(新しい)

今日から10月ですねぇー(長音記号2)
すっかり秋ですね。

秋と言えば何でしょう。

スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋・・・

私ならサツマイモの秋exclamation&question(笑)

哲学の秋っていうのも良いですね。


先日、牛久の仏教講座に参加してきましたダッシュ(走り出すさま)


『歎異抄』の第2章のご説法。

高森顕徹先生が以前、東京にてお話下されたご講演の記録。

『歎異抄』ってとても多くの人に読まれている仏教書本

日本の仏教界のみならず、思想界にも
大きな影響を与えているのが『歎異抄』。

それは

善人なおもって往生をとぐ、いわんや悪人をや

の有名なお言葉を代表とする、
どこか奥深い真理のようなものを感じさせる
魅惑溢れるお言葉がたくさん散りばめられている
のが『歎異抄』。
だから多くの人を魅了しているのですね。

凄い本。

ここには親鸞聖人のお言葉が記されている。

でも、親鸞聖人が直に筆を執られたものではないので
聞き誤り、聞き逃しなど色々あって、
「はにゃ?これはどういう意味だろう・・・」
という所が結構あるのですよね。

その『歎異抄』を親鸞聖人の主著『教行信証』から見られ
その真意、聖人の御心を明らかに説かれる方
はなかなか
おられませんふらふら

高森先生は、まるで親鸞聖人が『歎異抄』から出てこられたか
のようにご説法下さる。

このお言葉を仰有ったときの聖人の心情、真意、表情までも
生々しく表現されて、私達が知るべき真実をお説き下される。

凄い。

約700年前に書かれた『歎異抄』

今でも多くの人を魅了し続けている。

その解説を聞きたいっていう人も多い。

『歎異抄』を知るには、高森先生が書かれた解説書

『歎異抄をひらく』を読めば分かりますわーい(嬉しい顔)
http://www.10000nen.com/book/tanni/tanni.htm


今までの解説本は何だったのか〜exclamation&question

という読者の声が絶えないそうですよるんるん

今年の秋は日本の思想に触れてみるのも良いですね。

実りの秋に『歎異抄』ぴかぴか(新しい)はいかがわーい(嬉しい顔)


posted by まみよ at 09:44| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

私の心は丸裸!?

こんにちはグッド(上向き矢印)まみよですかわいい

すっかり秋めいて、キンモクセイの香りが心地よい時節わーい(嬉しい顔)

キンモクセイの香りって素敵。
私は大好きです黒ハート

昨日は、井手敏郎講師に家に来て頂いて
仏教の勉強会本をして頂きました〜るんるん

近所のSさんも参加されましたよダッシュ(走り出すさま)

お釈迦様のお言葉

心常念悪 (心は常に悪を念じ)

口常言悪 (口は常に悪を言い)

身常行悪 (身は常に悪を行い)

曽無一善 (かつて一善もなし)



について聞かせて頂いた。

これは、人間の行いの実相を教えられたお言葉。

私達の行いに3つあります。

心の行い、口の行い、身の行い。

中でも最も重視されるのが心の行い。

だからお釈迦様も筆頭にあげられている。

口や身は心の奴隷。

心で思ったことを言ったり、やったりする。

だから心が一番大事

仏教はいつも心を問題にし、心を重視する。

では私の心とは。。。

毎日、朝から晩まで色々なことを思っているけれど
どんなことを思っていますか。

ドキッふらふら

欲の心、怒りの心、妬み、嫉みの心

三毒の煩悩と教えられるもの。


欲の心は、仏教では貪欲(とんよく)と言われ、汚い心。

あれも欲しい、これも欲しい、もっともっと欲しい〜
私に私に、と貪る。
食を貪り、財を貪り、色を貪る・・・
そんな姿は、とっても汚い。


怒りの心は瞋恚(しんに)と言われ、恐ろしい心。

怒りは無謀にはじまり後悔に終わるもの

カッとなれば一瞬で、何もかもを焼き尽くす炎のようどんっ(衝撃)

今まで築き上げた信用も一瞬でパー

多くのものを失って自分も傷つき、他人も傷つける、恐ろしい。。。


妬み、嫉みの心は愚痴(ぐち)と言われ、醜い心。

人の幸せを妬む。
自分より素敵な、美しい人を見ると心が穏やかでない。
成果を上げている人を見ると面白くない心が出てくる。
それはその人の努力の結果なのに。

人の不幸を喜ぶ。
旅先の火事は大きいほど面白い。
週刊誌などでは、離婚、破局、不倫、解雇・・・
スキャンダルを取り上げたものがよく売れるらしい。
自分がそんな目に遭って笑われたらどう思うだろう。。。

あぁ〜こんな心、とても人には見せられない、醜い。


まるで私の心が丸裸。

着ているものをガバッと剥ぎ取られたような感じ。

恥ずかしい。。。

情けない。。。

仏様は全てお見通しなのですね。

こんな私が幸せになれるのかな。

こんな私とお見通しで、幸せにしてみせるという
お約束をして下されている。

もっとよく聞かせて頂こうひらめき






posted by まみよ at 11:16| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

ブログランキング・にほんブログへ 人気ブログランキングへ