2010年05月27日

未来を見つめると

こんにちは晴れまみよですわーい(嬉しい顔)

昨日は寒かったぁ〜ふらふら

どうやら今年は冷夏の予想らしいですね。

農作物が心配です・・・

数年前に起きた大変な米不足バッド(下向き矢印)
今年はその時の気候に似ているのだとかがく〜(落胆した顔)

大丈夫だろうか・・・不安になります。

今からできること準備しておかねばですね。

何ができるだろうか考えてみたいと思います。


行き先がハッキリしないと不安になりますね。

未来がハッキリしない、

どうやら良くない状態になるらしいたらーっ(汗)

となると・・・とっても不安になります。


逆に、未来がハッキリしている、

明るく楽しい未来が待っている、

となれば、心はどうでしょう。

例えば一週間後にデート黒ハートの予定があるとか。

気の合う友達と旅行の予定があるとか。

そうなると・・・気分は今からルンルンるんるん

楽しい心になりますよね。


私達の心は、未来のことに影響を受けているのですね。

その未来は、今ではないのに。。。

未来が暗いと今が暗い。

未来が明るいと今が明るい。


ではでは・・・私達の未来って何でしょう。

就職、結婚、子育て、マイホームを建てる、老後などなど

色々浮かんできますが

全ての人に共通している未来があります。

しかも100%確実にやってくる未来。

それって何でしょう。

そう。

死ぬということ。

万人共通の100%確実な未来が死。

死は明るいものではないですね。

どちらかと言えば、嫌だ。暗い。苦しいもの。

どんなものか、死んだらどうなるのか、ハッキリしない。。。

死は怖くない、と美化する人も居ますけれど

本当にそうでしょうか。。。

「生きる」ことを真面目に考えたら

必ず問題になってくるのが「死」という問題。

これ以上の大問題は人生にはありませんよね。

その「死」の大問題の解決を教えられたのが仏教ぴかぴか(新しい)

「死」の問題が有る限り、人は何をしても本当の幸せにはなれない。

何を手にしても、不安、不満、空しさが心にあるのは

確実な未来がハッキリしないから。

「死」という大問題が100%の未来に待ちかまえているから。


「死」を見つめることは

ただいたずらに暗く沈むのではなく

「生」を本当に輝かせる幸せへの第一歩なのです。


聞けば目からウロコの仏教、ぜひ聞いてみてください。



posted by まみよ at 12:24| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

ブログランキング・にほんブログへ 人気ブログランキングへ