2010年04月21日

恩を知る心

こんにちは晴れまみよでするんるん

桜があっと言う間に散ってしまいましたバッド(下向き矢印)
なんだか今年は寒暖の差が激しくて、寒空の中での桜。。。
ちょっと可哀想な感じでしたねぇ。

今日は「恩」についてのお話。

あの人は尊敬できる人グッド(上向き矢印)素晴らしい人ぴかぴか(新しい)

って言われる人ってどんな人?

人の評価って何を基準にしますかぁ?


世間的な地位がある人かしら。

金メダルやノーベル賞などを取る人かな。

お金持ちの人かしら。

頭の良い人?

仕事の出来る人?


仏教では

恩を知り、恩を感じ、恩に報いようという気持ちの強い人

が素晴らしい人と言われます。

知恩 感恩 報恩

この気持ちが強ければ強いほど、人から慕われ、尊敬もされ

愛される人になる。

逆に、

恩を忘れ、恩に背を向け、それどころか恩に逆らう

恩を仇で返すような人は・・・

嫌われるし、人も寄りつかない、孤独になること必須でしょう。



「恩」という字は、「因」を知る「心」と書きます。

原因を知る心。

どうして私は、こうして生きていられるのか。。。

こんなにも幸せな身になれたのか。

その原因をよくよく考えてみると、

沢山の人や物からご恩を受けていることが知らされます。


何で人間に生まれてきたの?

どうしてこんなに苦しい思いをして生きていかなければ
ならないの?

何をしても空しいなぁ。

こんなことして何の意味があるのかな。

こんな人生で、恩を感じるなんて無理〜ちっ(怒った顔)


なぁ〜んて声も聞こえてきますもうやだ〜(悲しい顔)

悲しいことです。

かつての私もそう思っていたことがありました。。。

でもでも、

人生には目的があるexclamation×2

とハッキリ断言された親鸞聖人の教えを聞かせて頂いて

そんな思いは吹き飛びましたわーい(嬉しい顔)

生きてきて良かったグッド(上向き矢印)

人間に生まれてこなければこんな幸せな身にはなれなかったぴかぴか(新しい)

そんな幸せがあるのだよ。

その幸せになる方法を教えられた方がお釈迦様なんだよ。

90年のご生涯叫び続けられた親鸞聖人。

もっと多くの人に知って頂きたい。

ぜひぜひ一緒に聞かせて頂きたい。


人身受け難し今已に受く

仏法聞き難し今已に聞く

この身今生に向かって度せずんば

さらにいずれの生に向かってかこの身を度せん








posted by まみよ at 11:09| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「なぜ生きる」を少しずつ読んでいますよ。
まだ、分かったような分からないような状況です。

今心掛けているのは、命があることのありがたさを感じる事です。
生きていることは、「当たり前」ではなくて奇跡であると。

朝起きて、「生きている。ラッキー!」と思うことです。
Posted by こう at 2010年04月22日 06:43
こうさん

コメントありがとうございます☆
メールもありがとうございました♪

『なぜ生きる』読まれているのですね!
ぜひぜひ続けて、できれば繰り返し読んでみて
下さいね。

なるほど〜 こういうことか!

とある時ふと分かることがあったり、
発見できることがある、そんな本です。

命があることの有り難さを感じることが
できる人って幸せですよね。

「この世で最も不幸な人は
 感謝の心のない人である」

私の好きなお言葉の一つです(^^)
Posted by まみよ at 2010年04月22日 10:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

ブログランキング・にほんブログへ 人気ブログランキングへ