2009年11月20日

文明の利器

こんにちはるんるんまみよですわーい(嬉しい顔)

めっきり寒くなりましたねぇ〜あせあせ(飛び散る汗)
あぁ〜でもこれくらいの寒さでバッド(下向き矢印)でいたら
冬は乗り切れませんよね。

こんな日は温かいお風呂に入って、
体の芯から温めるのが良いですねー(長音記号2)

お風呂大好きな私黒ハート長風呂になるシーズン到来です(笑)


さてさて

昨日は、高森先生が座談会を設けて下されました。

仏教の質問に答えて下される貴重なご縁。

以前はよく設けて下されていたけれど、久しくご縁が無かったの。

でもでも

最新システム導入によって

地元に居ながらもリアルタイムで聞かせて頂くことが
できるようになったので

座談会のご縁を頂けるようになったの〜わーい(嬉しい顔)


もともとはインフルエンザ対策パンチ

富山で直接お顔を拝見して聞かせて頂けないのは残念バッド(下向き矢印)
だけれど

映像も音声もかなりクリアに届くので

高森先生がお近くにいらっしゃるような臨場感があるひらめき

これは凄い目

文明の利器ですねぴかぴか(新しい)

だから結果的に、高森先生とのご縁が増えた感じなのですよグッド(上向き矢印)

とっても嬉しいハートたち(複数ハート)


昨日は、

人生の目的を達成するにはどうしたら良いか

仏法は聴聞に極まる

と教えて頂くけれど、聞法の心構えについて教えて頂きたい

という質問。

お釈迦様、親鸞聖人、蓮如上人のお言葉を明示して

丁寧に分かりやすく、そして厳しく教えて頂きましたパンチ

仏教には大事なことが教えられているexclamation×2

何をするために生まれてきたのか。

仕事するため?

食べるため?

素敵な家に住むため?

違うよね。

私達の人生はシャボン玉のような儚いもの。

一瞬で破裂して壊れちゃう。

そんなシャボン玉を大きくふくらますことに一生懸命。

それで良いのか。

何のために生きているの?

必ず死ぬのになぜ生きる。

その答えが仏教の中にあります。

聞かせて頂きましょう。

必ずハッキリしますひらめき




posted by まみよ at 11:38| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

素敵なお言葉

こんにちはるんるんまみよですー(長音記号2)

今日は寒いぃ〜ふらふら

だんだんと冬が近づいてくるぅ〜

私の手手(パー)は、早くも霜焼けに襲われておりますもうやだ〜(悲しい顔)

毎年早いのよ。。。私の手の霜焼け。

でも寒さ本番の頃には、すっかり治っていたりするの。

変ですね(苦笑)


さてさて、昨日は我が家家で仏教の勉強会本

井手敏郎先生が来て下されたダッシュ(走り出すさま)

先日の報恩講のお話を振り返るご縁でした。


報恩講では

『歎異抄第七章』

「念仏者は無碍の一道なり」

で始まる有名なお言葉について聞かせて頂いたの。

無碍の一道って何exclamation&question

碍とは、さわり。

一道とは、たった一つの世界。

無碍の一道とは、さわりの無くなった、たった一つの世界のこと。



私達は、朝から晩まで、如何に障りを無くすか、減らせるかに
一生懸命グッド(上向き矢印)

その為に、科学も医学も政治も経済も教育もある。

あれこれ手を尽くしているけれど、障りは無くなったかな。

ぜんぜん・・・バッド(下向き矢印)

減りもしませんね。

あらら。。。

どうしたら良いのかな。

どうしたら障りの無い、幸せになれるのかな。

みんな分からず、悩んでいる。


そんな中「無碍の一道がある」とハッキリと断言された

親鸞聖人ぴかぴか(新しい)

えぇ〜目そんな世界があるのexclamation&question

驚きです。

人生の目的は無碍の一道に出ること

親鸞聖人のお言葉には微塵の揺るぎもありません。

「無碍の一道」

なんて素敵なお言葉なのでしょう。

この魅力に引きつけられ、

多くの人が『歎異抄』を手に取るのですねひらめき


改めて親鸞聖人のお言葉に魅了ぴかぴか(新しい)されました。

もっとよく学び、よく聞かせて頂き、
早く親鸞聖人のお言葉通りの身にならせて頂きたいダッシュ(走り出すさま)


posted by まみよ at 11:34| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

親鸞聖人報恩講

こんにちは晴れまみよですー(長音記号2)

最近、ちょっとサボり気味たらーっ(汗)すみません・・・

すっかり季節は巡り、木々の葉も色づく頃となりましたるんるん

秋。 そう、秋と言えば、報恩講ぴかぴか(新しい)

11月28日は親鸞聖人のご命日。

もし親鸞聖人が明らかにして下されなければ
私達は大切なことを知ることができませんでした。

人は何のために生きるのか。。。

どんなに苦しくても自殺をしてはならないのはなぜか。。。

生きる目的は何か。。。

誰もが知りたいこと。

知らねばならぬこと。

これ一つ、明らかにして下された親鸞聖人。

その親鸞聖人のご恩に報いる集まり。それが報恩講。

どうしたら聖人のご恩に報いることができるのか。

聖人の喜ばれること、望まれていることを知らなければならない。

その答えは、親鸞聖人90年間の御教えの中にある。

教えを聞かせて頂き、その通りの身になることが一番の報恩となる。

だから一人でも多くの人と聞かせて頂きたい。

先日の7,8日に報恩講が勤められました。

懐かしい人達と一緒に聞かせて頂けて嬉しかったな。

新しい仲間も増えたの。

とっても仏縁深いMさん。

これからも仲良く一緒に聞かせて頂きましょうねるんるん

報恩講で聞かせて頂いたこと、知らされたこと。

沢山ありすぎて、なかなか文章では伝えきれないのが残念ふらふら

少しずつでも綴って行けたらと思いますー(長音記号2)

posted by まみよ at 09:37| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歎異抄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

ブログランキング・にほんブログへ 人気ブログランキングへ